買取王国でブランド品の買取をお願した感想

Published / by webmaster / Leave a Comment

家の中の整理をしていたら、使わなくなっていたブランド物のバックやアクセサリーなどの小物が出て来て、捨てるにはもったいなかったので、ネット(ブランド買取比較)や周りから聞いてブランド品を売るのに良いと聞いた買取王国というお店へ持っていきました。
そこで買取査定をしてもらった結果ですが、まずコーチのバックがあり壊れてはいませんでしたが、表面の色あせが目立っていて買取りが出来ないと断られてしまいました。次にドルガバのネックレス2つとクロム・ハーツのチェーンがあり、こちらは持っていく前に表面をキレイに磨いて持っていきました。そしたらドルガバは物の状態に問題はありませんでしたが、購入したときの箱や保存袋、保証書などの付属品がないとのこで 、値段が上がらず2つで3000円程で安かったですが持っていても意味がないので買い取ってもらうことに。最後にクロム・ハーツですが、こちらも物の状態は良いですが、ドルガバ同様付属品がなかったのでささいな価格にしかならないと思っていました。しかし、クロム・ハーツの場合は購入したときに商品と一緒に渡されるギャランディカードというものがないと買取り出来ないとのことでした。ギャランディカードは保証書のことで、商品についているシリアル番号とカードの番号が一致して商品としての価値が出るそうで、なのでこのギャランディカードをなくしてしまうと買取りはいくら商品の状態が良かったとしても難しいそうです。
買い取ってもらえないのは仕方ないので諦め、今回はブルガリだけでしたが、これからは商品を買ったら付属品も大切に保管しておくようにしようと勉強になりました。

アスミルで貴金属・指輪・アクセサリーなど買取ってもらいました。

Published / by webmaster / Leave a Comment

女性の声で自宅に電話がかかってきて、「今日と明日、お宅の近くに伺がう予定があるから、家の中で今は使っていないアクセサリーや貴金属があれば一点でも良いから見せてください、ケースだけでも良いです」と言われ、ちょうど片づけをした後だったので「一点しかないけれど」と言うと、これからすぐ伺うと言って2時間後くらいに男性が自宅にやってきました。
しかし私の見せたアクセサリーは買取対象にならず、他にないかと聞かれ、無いと言うと、たったこればかりの為にガソリン代使ってきたこちらの身にもなって欲しいと言い出しました。そんなこと言われても一点でも良いと言ったのはお宅の方でしょと言うと、それは言葉の綾と言うもので普通の人はもう少し用意しておきますよと言われました。そしてせっかく来たのだから、他の物でと言って、着なくなったり処分しても良い服は無いかと言うので、急に来ていきなり服は無いかと言われても準備ができていないと返答しました。すると、「こちらはアスミルと言って明日見るからアスミルなんです」と言うので、たかが2時間前に電話をかけてきてこちらが用意したものではダメ、代わりに何か出せと言っても無理に決まっているでしょうと反論したところ、やっと状況が見えてきたのか黙って帰っていきました。
暫く後に再度電話があり、最初の女性の声で「このたびは成立しませんでしたがまたよろしくお願いします」と言われましたが、結局電話の人と来る人が違うので話しが食い違ってしまうのだと思いました。以前にも同様の電話がちょくちょくあって、すべて断ってきたのに今回も断れば良かったと後悔しましたが、被害があった訳でもないし買取の仕組みが少しわかっただけでも良しとしようと思いました